チルドノート

短編小説やグーグル先生に叱られたコンテンツを保管しています。

恋のシュラフ

「気持ちはありがたいけど必要ないんだ。悪いけど持って帰って」

ワンルームの窮屈な玄関で、プレゼントを抱えたサオリに、桐生は冷たく言い放った。

「なんで?このまえ欲しいって言ってたのに…」

「たしかにそう言ったけど、あれから事情が変わったんだ」

「わかった。じゃあこれは持って帰ってるね。でもケーキあるから一緒に食べよう」

戸惑いながら沙織はいった。

「いいよ。あがって」

桐生はそういうとサオリを家に招き入れた。

1ヶ月まえ「ブログで飯を食いたい」と言い、とつぜん会社を辞めてから、桐生の様子は変わった。

「適当に座って」

桐生は何食わぬ顔でいったが、サオリはその部屋の変わりように言葉を失っていた。サオリの記憶では、3日前に訪れたときは、雑誌やDVDが乱雑に散らかっていたはずが、今はキレイに片付いている。

片付いている、というより、何もなくなっていた。雑誌も、ソファーやベッドも、本棚、カーテンまでなくなり、まるで入居まえか、引っ越し直前のような状態だ。

「桐生くん、もしかして引っ越すの?」

サオリは、見通しの良くなった窓の外の景色を見ながらいった。

「いや、ちょっとライフスタイルを変えたんだ」

「ベッドとか冷蔵庫、どうしちゃったの?」

「断捨離したんだ」

「ダンシャリ?」

「そう。シンプルライフの基本だよ。持たない暮らしともいうけどね。ミニマルな生活さ」

「…ねえ、どうやって寝るの?」

サオリは他に聞くべきことがあると思いながら、咄嗟に思いついた疑問を口にした。すると桐生は無言で押入れのふすまを開いた。

「生活に必要な物はすべてこの中にある」

そういって、桐生は押入れのなかの小さなUSBライトを点けると、小さな明りが灯った。サオリはその明かりを見て、部屋中の照明がすべて無くなっていることに気がついた。

「USBライトこそ最強のコストパフォーマンスなんだよ」

桐生はそういうと、いたずらにライトを点けたり消したりして愉快そうに笑った。

サオリは、一歩まえに近づいて押入れのなかを見回した。つっかえ棒を利用して上下に仕切られた内部は、上の段にノートパソコン、下にスチールの折りたたみイスと、キャンプで使うような寝袋が畳んで置いてあった。

そこでサオリにもやっと事情が飲みこめてきた。桐生は、なにかに影響されて家具を処分したのだ。そして、ありとあらゆるモノを排除して、質素な暮らしを始めたらしい。

呆然とするサオリに目を向けることなく、桐生は穏やかに語り始めた。

「人類がモノに支配される時代は終わったんだ。すべてを手放してわかった。本当に必要なモノは僅かしかないってことにね」

桐生はスティーブジョブズのように手を広げて続ける。

「この部屋でしゃべるとエコーがかかったように聞こえるだろう。それは声が障害物に遮られることなく壁に反響するからなんだよ」

「そうなんだ…」

沙織は内心の動揺を押しかくして笑顔で言った。

「ケーキ持ってきたから一緒に食べよう」



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:.



「悪いけどテーブルはないんだ。これを敷いてもらえる?」

そういって桐生は、古びた新聞紙を押入れからとりだした。サオリは渡された新聞紙を受けとると、折り目を丁寧にのばして、フローリングの床に敷いた。そして買ってきたケーキをその上に並べた。

「美味しそうだね」

桐生はそういってケーキを手にとった。サオリはフォークか箸があるか聞こうとしたが、黙って同じように手にとった。

「表参道のピエールエルメってケーキ屋さんなの。友達がおいしいって教えてくれたんだよ」

桐生は感心してうなずくと、鮮やかなピンク色の、凝ったデコレートの丸いケーキを一口で頬ばった。

「それはイスパハンっていうの。一番人気なんだって」

サオリが言うと、桐生は目を丸くして微笑んだ。

桐生くんは本当に美味しそうに食べるなあ。サオリは無邪気にケーキをパクつく桐生を見てそう思った。

「今日、泊まっていってもいい?」

サオリが聞くと、桐生はケーキを飲み込んで、一息ついてから言った。

「それは、構わないけど…もう食べないの?」

「うん、わたしはお店で味見してきたから。後はぜんぶ食べていいよ」

桐生はうなずくと、2つ目のショートケーキに嬉しそうに手を伸ばした。

「じゃあ、シャワー浴びてくるね」

「うん、石けんとシャンプーはあるよ。リンスはないけど」

「大丈夫だよ。お泊りセット持ってきてるから。ちょっと浴びてくるね」



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:.


サオリがシャワーから戻ると、桐生はスチールの折りたたみイスに座ってパソコンに向かっていた。裸にタオルのサオリを気にする素振りもなく、一心不乱にキーボードを叩いている。

なにをやっているのか気になったが、今はそっとしておこう。サオリは自分もスマートフォンを取り出して、明日のスケジュールと、企画の進捗をチェックした。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:.


「そろそろ休もうか」

会話の無いまま3時間が過ぎ、時計の針が正午を回ったころ、桐生がサオリにいった。サオリはスマートフォンの電源を落とし、ネグリジェに着替えた。桐生はフローリングにスポンジアルミを敷き、その上に寝袋を広げる。

桐生が先に入り、そのあとの小さな隙間にサオリが体を縮めてもぐりこんだ。

「寒くない?」

寝袋のジッパーを上げながら桐生は聞いた。

「寒くないよ。こんなにくっついてるんだもん」

サオリは答えてから、桐生の胸に顔を埋めた。そして片足を桐生の足に絡め、首すじにキスをした。

「今日は…やめとくよ」

桐生は言ったが、サオリの手はもう桐生の下腹部にのびていた。

「おっきくなってるよ」

サオリは手のなかで膨らんでいくそれを、やさしく握り、手のひらをすぼめて先端を細かく刺激した。桐生はサオリの肩を抱き寄せ、髪の中に顔をうずめ甘い香りを吸い込んだ。

サオリは寝袋の中で、もどかしく位置をずらし桐生のうえにまたがる。そして、張りつめたそれを体内に導くと深い吐息を漏らした。

「もう、抜かないよ…中が濡れちゃうから」

サオリは耳元でそう囁いた。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:.


「桐生くん…おきてる?」

返事はなく規則正しい寝息が聞こえる。サオリは暗闇を透かして、月あかりに照らされた何もない部屋に目をこらした。

これからどうなっちゃうのかな。ホントになにもなくなっちゃた。急に海外に行くとか言い出したらどうしよう。ついていくしかないのかな。サオリは、子供のように眠る桐生の横顔を眺めた。目を閉じると不意に心のざわめきを覚える。衝撃的なクリスマスだったなあ。ずっと先に今日のことを笑って話せる日が来るのかな。

大丈夫。きっとわたしが守ってあげる…。

サオリは体を寄せ、穏やかな寝息をたてる桐生の頬にそっとくちづけをした。